イエローナイフとホワイトホースどっちがオーロラ鑑賞にオススメかご紹介!

カナダにオーロラを見に行きたい!!

調べるとカナダにはオーロラ鑑賞が可能な都市として下記2都市が出てきます。

  1. イエローナイフ
  2. ホワイトホース
悩んでいる人

違いがよくわからないね
何が違うんだろう?

初めてカナダにオーロラ鑑賞に行く人はどっちが良いのか悪いのかわからないですよね。
確かに両都市ともに似た所はありますが実際に行くと結構違います。

しっかりと違いを理解していかないと行った後に後悔しますよ。

この記事ではオーロラを見るためにあなたはどちらの都市が合うのか解説していきます。

記事を読んだ後は後悔なく都市の選択ができ、現地でも満足のいく旅行ができるようになります。

私って?

私は現在旅行会社に勤務しております。

勤続年数は約8年です。
年間で約3.000人ものお客様の航空券、ホテルを手配してきました。

当ブログでは様々な地域の手配をしている私だからこそわかる情報を発信しております。

目次

結論イエローナイフとホワイトホースはどっちがオススメ?

オーロラ鑑賞に注目した場合はイエローナイフがオススメです。


オーロラ以外の観光(市内観光、お土産屋さん巡り)や様々なアクティビティも求める人はホワイトホースがオススメです。

オーロラの質を求めるか、その他観光も求めるかで行く都市が変わってきます。

下記にて都市ごとのオススメポイントをご紹介いたします。

イエローナイフをオススメする人
  • 絶対にオーロラを見たい
  • 綺麗なオーロラ(レベルが高い)を見たい
  • 現地でのサポートが欲しい人
  • ホテル滞在が良い人
ホワイトホースをオススメする人
  • オーロラ以外(市内観光、アクティビティ、自然散策など)も楽しみたい
  • 宿泊施設で移動なしにオーロラ鑑賞したい
  • 飛行機の移動が楽な方が良い

ざっくりとイメージがわいたでしょうか?

オーロラの質、鑑賞にこだわるならイエローナイフ。
オーロラはそこそこで観光も合わせて楽しみたい人はホワイトホースがオススメです。

次の章でイエローナイフとホワイトホースの違いを細かくみていきましょう。

イエローナイフとホワイトホースの違いを比較してみた

イエローナイフとホワイトホースのざっくりとした特徴が分かったと思います。

この章では様々な視点からイエローナイフとホワイトホースの違いを見ていきます。
より都市の理解が深まりあなたに合った都市を決めることができます。

都市の違いで比較

都市の基本情報を比べてみました。

イエローナイフ
ホワイトホース
  • 面積:105.22 km² 
  • 人口:18,700 人
  • 特徴:川や湖が多くダイアモンドが取れる。
  • 面積:416.54km2
  • 人口:23,276人
  • 特徴:公園、山など大自然がある。

イエローナイフの方が小さくてこじんまりとした町になっております。

ホワイトホースは面積の割には人口が少ないので自然豊かな都市です。
飲食店やお土産屋さんはホワイトホースの方が数多くあります。

気温の違いもありますので参考にしてください。
イエローナイフの方が基本温度は低いです。

フライトスケジュールで比較

引用:阪急交通社

イエローナイフ、ホワイトホース共に直行便がありません。
必ず経由便で行くことになります。

フライトの行き易さのみで言うとホワイトホースの方が日本から近いので便利です。

イエローナイフのフライト特徴
  • 1回乗り換え:バンクーバーまたはカルガリー経由
  • 2回乗り換え:バンクーバー、カルガリーからエドモントン経由

飛行機時間、乗り換え時間を含めると最低でも12時間以上はかかります。
真冬ではイエローナイフの方がフライト遅延が起こりやすい。

ホワイトホースのフライト特徴
  • 1回乗り換え:バンクーバー経由

フライト時間は最低約11時間です。
ホワイトホースはバンクーバーの1回乗り換えのみなので移動の負担は少ないです。

イエローナイフに比べるとフライトの遅延は少ない。

飛行機の大きさはイエローナイフ、ホワイトホース共に100名や50名ほどしか乗れない小さい機材になります。
比較的席が埋まりやすいので早めに飛行機の席を抑えないといけません。

観光・アクティビティで比較

オーロラ鑑賞と合わせて申し込みするオプショナルもイエローナイフとホワイトホースでは違いがあります。

オプショナルツアーは大きく分けて2種類あります。
イエローナイフホワイトホースにあるものを比較してみましょう。

  1. 市内観光や都市の周りの観光
  2. 犬ぞりツアーなどの雪山、現地ならではのアクティビティ
市内観光や都市の周りの観光
イエローナイフ
ホワイトホース
  • 市庁舎
  • オールドタウン
  • パイロットモニュメント
  • ダイアモンドセンター
  • 州議事堂
  • 観光案内所
  • マクブライト・コッパーベルト・マイニング博物館
  • タキニ温泉
  • ユーコンワイルドライフ
  • ヘリでの遊覧飛行
犬ぞりツアーなどの雪山、現地ならではのアクティビティ
イエローナイフ
ホワイトホース
  • 犬ぞりツアー(冬)
  • アイスフィッシング(冬)
  • スノーモービル(冬)
  • 焼きマシュマロ
  • 雪の滑り台(冬)
  • 野生動物散策(夏のみ)
  • キャメロン滝ハイキング
  • 犬ぞりツアー
  • スノーモービル
  • クロスカントリー(冬)
  • 野生動物鑑賞
  • クルアニ国立公園
  • マウンテンバイク
  • ラフティング

イエローナイフのオプショナルはオーロラビレッジという施設の中で行われます。

ホワイトホースのオプショナルは一か所ではなく様々な場所で催行されてます。

様々なオプショナルツアーを入れたい、色んな所に行きたい人はホワイトホースの方が良いです。
反対に何箇所にも行くのは嫌な人はイエローナイフが良いです。

オプショナルツアーはホワイトホースの方がおおいのでオーロラ鑑賞以外も楽しみたい人はホワイトホースの方が良いです。

オーロラ鑑賞鑑賞方法で比較

イエローナイフ:オーロラビレッジ
ホワイトホース:ロッジ

イエローナイフは市内から30分程移動したオーロラビレッジという場所で鑑賞します。
市内でも稀に見ることができますが、薄っすらしか見れないのでイエローナイフにいく意味がありません。

ホワイトホースにも鑑賞施設はありますが基本は市内から離れたロッジに宿泊し宿泊施設での鑑賞となります。

両施設共に共通しているのは日本人のスタッフがいるので安心なところです。

綺麗なオーロラの写真を撮りたい人、レベルの高いオーロラを見たい人はイエローナイフが良いです。

お子様連れや年配者で移動が辛い、尚且つオーロラは見れれば良いという人はホワイトホースがオススメです。

イエローナイフ:オーロラビレッジのメリット、デメリット
メリット
デメリット
  • 専用の鑑賞施設
  • オーロラが見やすい
  • 綺麗な写真が取れる
  • 周りからの光が一切入らない
  • 湖に映る逆さオーロラが見れる
  • 移動しなければいけない
  • 時間制限がある
  • ピーク時期は人が多い
ホワイトホース:ロッジのメリット、デメリット
メリット
デメリット
  • 宿泊しながら鑑賞が可能
  • 移動しなくてもよい
  • 宿泊施設に日本人がいる
  • いつでも寝れるのでだらける
  • 周りは何もないため日中が不便

オーロラ鑑賞率で比較

引用:クラブツーリズムHP

オーロラはオーロラベルトという範囲の中でしか見ることができません。
ベルトの中心に位置するほどオーロラの見える隔確率が上がります。

位置はイエローナイフの方がベルトの中心に近いです。

オーロラを見に行く際ほとんどの人が3泊(3回鑑賞)します。
3泊した際のオーロラの鑑賞率を比べてみると、イエローナイフの方が若干高いです。

3泊した際のオーロラ鑑賞率
イエローナイフ
95%
ホワイトホース
90%

確実にオーロラを見たい人はイエローナイフにいきましょう。

イエローナイフの特徴・オススメな人

イエローナイフをオススメする人
  • 絶対にオーロラを見たい
  • 綺麗なオーロラ(レベルが高い)を見たい
  • 現地でのサポートが欲しい人
  • ホテル滞在が良い人

とにかくオーロラ鑑賞率が高い!

日本人がイメージするオーロラと言えばイエローナイフ。

オーロラの鑑賞施設もしっかりしているので安心して綺麗なオーロラを見ることができます。

市内も半日あれば十分に回れる位の都市です。
ダイアモンドも名産なので比較的安く購入する事ができます。

半面市内が狭いので日中のやることがな昼は寝て夕方起きてオーロラ鑑賞にいく、、
そんな観光になりがちなところです。

イエローナイフ滞在の際はある程度綺麗なホテルにする方が旅の満足度も上がります。

はじめての人は市内観光やお土産屋さん巡りなどやることが沢山で忙しいです。
ただ2回目以降になるとマンネリ化してしまうのが現状です。

ホワイトホースの特徴・オススメな人

ホワイトホースをオススメする人
  • オーロラ以外(市内観光、アクティビティ、自然散策など)も楽しみたい
  • 宿泊施設で移動なしにオーロラ鑑賞したい
  • 飛行機の移動が楽な方が良い
  • 深夜のツアーが辛い

オーロラ以外の観光も沢山あるのがホワイトホースの特徴です。

オーロラを見てみたいなーとざっくりとした方はホワイトホースの方が良いです。
イエローナイフだとオーロラ鑑賞だけになりがちです。

ホワイトホースは市内観光もアクティビティも沢山あるので色々楽しみたい人はホワイトホースにしましょう。

また夜遅くまでのオーロラ鑑賞が苦手な人もホワイトホースが良いです。
ホワイトホースのロッジは滞在しながらオーロラ鑑賞ができるので、無理のない鑑賞ができます。

眠かったり、満足のいくオーロラが見れたら直ぐにベットに行けるのもメリットです。

イエローナイフかホワイトホース迷ったらどっちにする?

迷ったら…

ホワイトホースにしましょう!

迷うということはオーロラ以外のことについて悩みがあるはずです。

例えば

悩んでいる人

飛行機の乗り継ぎが不安。
オーロラ以外の観光が不安。

ホワイトホースなら1回乗り継ぎで大丈夫。

その他観光もしっかりある。

移動時間もイエローナイフより短い。

上記の悩みがなくなります。

絶対に綺麗なオーロラが見たい!!
そんな人はイエローナイフ一択です。

いかがでしょうか。
イエローナイフとホワイトホースの違いについてまとめてみました。

オーロラと言ったらイエローナイフのイメージが強いですが、ホワイトホースなど選択肢が広がると旅の幅も広がります。
あなたのやりたいこと、理想の旅を実現して満足のいく旅行にしましょう。

当ブログでは損しない旅行情や後悔しない旅の情報を発信しております。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる